ファミ超日記

ゲームの感想を書くぞよ

ウィザードリィ 色んな機種

かつてわが家にMSXがんばれゴエモンがあってその中に3D迷路のお店が出てきてそれがけっこう好きだった そしてウィザードリィは3D迷路なRPGである ドラクエ=(ウィザードリィ+ウルティマ)/2で表せるとかそうでないとか

ドラクエやFFより硬派でマジな雰囲気がむしろ厨二 訓練場でキャラクターを作るが最初のうちはわけわからん しかし最も悩むのは名前である 異性の名前を入れると家族が騒ぐし友達も麻痺したり死んだりすると何かつらい 相撲にはまってた時前衛を横綱にして後衛を実況の人にしたがヘッポコに育ってしまいイメージとあわなくなったり

その後も全員にフレイルを持たせようとしたり色々あるがまああるあるなので省略

ダンジョンに潜ると楽しい3D迷路 町に戻るまでが冒険なので迷ってはいけない シリーズによって地図が見れたり細かい差があるが特にリルサガのオートマップは制限なく見れてしまい3D迷路が台無しなのでオプションでオフに すると一通の扉を開けたか何かで帰れなくなってしまい普段は何のことはない雑魚にHPをちびちび削られ結局全滅 迷路に殺されたというのが新しかった

フラグ管理がざっくりしており条件満たさないようにすれば何度でもイベント起こせるのがよい 訓練場システムのおかげで育て飽きたパーティを残して新しいパーティも作れる

基本的にはテンポよいが古いシステムなので細かいところがいけてない いちいち入力が多いとか呪文レベルとか 敵もやたら呪文ぶっぱしてくるし

やった中ではファミコン版3と外伝2がすきかな リルサガはプレステのくせにUIがひどい 

あと初代なんだけど経験値の設定ミスってないかね マーフィーは別にしてもフロストジャイアントとかウィルオウィスプとか雑魚なのに妙においしいしフラックとかマイルフィックとかやばいやつ倒しても全然おいしくないのだが 宝箱の中身がいいのかな

ハンドベーシック ios

コモドール版BASICらしいが何のことかあまり分からない MSXなら実家にあったけど これと別にポケコンのアプリがあって洒落で落としてみたら最初さっぱり意味不明だったのだがだんだん分かってくると面白かった

それがある時iosのアップデートに対応しないままストアから消えてしまいより遊べなくなったので実機を買うかほんの少し悩んだところにこのアプリを発見した

とりあえずサイコロ振って3が出るとアホになって逆戻りするすごろくを作って満足したが がんばれば何でも作れそうで下手なゲームよりよほど面白い予感 その予感だけで胸がいっぱいになるのでずっと入れてある あと横から覗かれても何やってるかわからないのもいい

実際はほとんど遊んでないのだが

トリスタン ios

ピンボールのゲーム PSのアーカイブスでアーサー王モチーフのデジピンをやったらピンボールおもしろいとなりPS2アメリカンアーケードとかGBAのポケピンルビサファとか色々やった

一定の条件を満たすとランプが点灯してそこにボールを打ち込むとボールがそのまま帰ってこなくなり新しいボールが出てくる さらに一定の条件を満たすと最初のボールが帰ってきてボールが2個になる その状態でさらに一定の…とやってると最終的に100万点とかいきなり入ってしかも別のところで得点が2倍になるやつ発動してると200万点になってとにかくなんかすごくアメリカン

一方でマルチボールした瞬間にかたっぽちゃんが死んでガックシすることもしばしば

またテクニックのひとつに台揺らしというまあピンボールでは普通だけどこれまたアメリカンな技があって強引にピンチを脱することができるがこれがiPhoneを実際に揺らすという色々やりにくい方法という

トータルではかなり気に入ってるのだが制限時間とかなくて延々と続くときがあってダレることもなくもないのが少し惜しいのうと思った

PS 機動武者大戦

SDガンダムの武者シリーズのゲーム

初めて買ったゲームソフト

定価で買ったので友達にアークザラッド2を買うべきだったとバカにされた

たしかにこれに比べたら断然そうなんだけどアークって後でやったけどそんな名作かな シナリオとかひどくないか

かつて友達がスーファミの大将軍列伝を持っていて超面白そうだったがうちはスーファミがなかった その続編がプレステで出てたので速攻買ってしもうたというわけじゃ

遊んでみるとオープニングはBB戦士のおまけ漫画を編集してて最高なのだがゲームが始まると何かにつけてロードの嵐 ワンパンするたびにロードは酷いようで当時は意外と普通だし特別遅くもないのだが(スパロボCBより早いしアニメオフもできる)ユニットのステータス開いてもロードにはおどろき BGMも切れるから余計なのかもだが早くもクソゲーの臭いが漂い始めた そういえばBGMはけっこうよい

おにぎりでHPが みそ汁でMPが ねこまんまで両方が回復する みそ汁がぶ飲みしながら範囲攻撃の呪文をぶっ放すゲームだったような

主人公死ぬとゲームオーバーだからか主人公の防御がやたら固く何されても1しか食らわなかった気がする ただたまに妙に痛いのもあってゾックっぽいやつの大砲とかはやたら食らったような また逆にメインキャラ以外の仲間の攻撃もいくらも食らわせられなくてどうしようもなかった気がする あと仲間ユニットは全員出陣するので育て損なって使えないやつも全員ターンが回ってくるのでだるかった さっさと特攻させて死なすかみそ汁係にすればよかったのかな

ゴッド丸は射程が1しかなくて足も遅いから使えないという評価を読んで確かにと思ったが記憶では結構強かったのでふしぎ

敵がヒデブーとかタワバーとか言ったり図鑑がギャグに走ってたり謎のセンスが炸裂している

おこし・につけ・たきび・だんごを揃えると鬼ヶ島にいけた なんだなんだ

サザビーでノーベルガンダムに般若面割を食らわすと洗脳が解けて仲間になるが2人共弱くて使えない

ラスボスはブルー2号だったかな

あとやりこみ要素はぜんぜんない

なにもかもがあやふやで面白そうに書けてないけどまたやりたい

そういえば兄弟でメモカを共有しててブロック足りないという事でこれのデータを消されたこともある かなりひいた

その後Gセンチュリーも買ったがこれはこれでクソゲーだった 前作のGNEXTもクソだったらしい やはりガンダムゲーはファミコンのカプセル戦記が最高でその次は連邦VSジオンかな あっラクロアンヒーローズも面白かったなあ

PS ゼロディバイド2

電プレの体験版を友達の家でやったか何かで知ったバーチャ系の3D格ゲー

キャラが人間じゃなくてプログラムという設定で人型じゃないのもいる みんなかっこいい

60フレームでなめらかですよという謳い文句でフーン60フレームね(わかってない)と思った記憶 プログラムだからローポリでも違和感ないのでそっちに容量さけたのかな ラスボスも裸の女の姿をしているがやはりローポリで全くエロくない

ダメージ蓄積するとバリーンと装甲みたいなものが剥がれて浮かされやすくなったりした

リングアウトありだがフチにぶら下がれるのが珍しかったらしい ぶら下がってる手を踏んづけると大ダメージ

なんかアブノーマルシステムという体が光る仕様があってその駆け引きもあったらしいが使いこなせなかった

ダウンすると連打しないと立たないので友達がひいてた 確かに今思うとプロレスゲーのようだ 連打するから当然ながら起き上がり技が暴発する

サソリみたいなやつのジャイアントスイングくらうとゲージ半分もってかれてコントローラー投げたやついたが負けてキレるやつって何なんだろう

ストーリーが流れるモードがあるが普通にかっちょいいのと裏技でギャグになって面白かった 隠しキャラもギャグ

なんでその技でそんなに浮くのとか変な動きをしてた記憶もあるが鉄拳3もジャンプLPで浮くしな むしろこっちはプログラムだからいいけど鉄拳3はモーションキャプチャーもしてるとかでリアル路線かと思いきやチョイッとアッパーが入るとプワーンと浮くのでもう何でもいい

機動武者大戦の次に買ったまたしてもマイナーゲーだったがかなり面白かったように思う と思ってあらためてやってみると主人公こいつ突進力低い上に技がすくねえ さすがに鉄拳3の後だと物足りない出来だった まあ鉄拳もそこまで好きでないので3D格闘は向いてないのかな

ナムコミュージアム3

ドルアーガパックマンギャラクシアンディグダグが入ってる パックマンはミズの方だが

ナムコミュージアム Vol.3 PlayStation the Best

ナムコミュージアム Vol.3 PlayStation the Best

 

あと他にもポールポジションフォゾンだっけ あまりやってないが

かつては何が悲しくてわざわざプレステでこんなレトロゲーを思っていたが

ドルアーガ目当てで買ったがやはりこれはおもろい 宝箱の謎を自力で解いてこそとは往年のファンが口を揃えて言うことだがあまりにもノーヒントが過ぎて今どきそうもいくまい それを抜きにしてもアクションとして普通にというかかなり面白い スト2とこれでレトロゲーに目覚めた

スライムが邪魔で倒そうと剣を構えると反対に盾をおろしてしまいそこにマジシャンの呪文が飛んでくるという寸法 二律背反という言葉をこれで知った ちなみに金輪際はDA PUMPで知った そして剣抜いてても盾を左に構えてるのでうまい人はずっと剣抜いてるとか

マジシャンに挟まれた時あわてず片方に近づいてビームを防いだらすぐ振り返ってもうひとつも防ぐというのが何のことはない操作なのに出来ると見切った感すごい つるはしで結構近道したり敵の巡回ルート変えてやりすごしたりとかもできた

地味だが重要なのが操作性 マス目とマス目の間にいる時方向転換するとその場でなく次のマス目で曲がろうとするのでスイスイ歩ける

ギャラクシアンもシンプルすぎてちょっとと思いきや案外面白い ボスと護衛が飛んできたら順番に倒してボーナス たまにけっこうな弾幕を張られることもある 縦シューは雷電がジャンルを超えてかなり好きだがこの頃の縦シューもツインビーとかスタソルとか面白かった

パックマンは普通に超面白いがミズなのがちょっとと思いきや迷路が何種類かあるとか案外キャラがかわいいらしく遊んでても家族に怒られない くだものも出てくる

パワーエサを食べて敵を食べる 1パワーエサで敵を複数食べると倍々でスコアが伸びるのでつい深追いしがち

あとやはり操作性がよい こっちは何も押さないと突き当たりまで直進する

ディグダグはあんまりコツがつかめずやってないが昔はまった記憶はあるし名作の誉れ高いから気にはなってる 2もファミコンでやってまあまあはまった

あとの2つはよくわからん

10分そこらでけっこう遊べる ハイスコアとかその他の記録が残るので見てみるとプレイ回数が50とか行ってて定価で買ったとしても余裕で元が取れてしまう

古いゲームでもぜんぜんあそべる