ファミ超日記

ゲームの感想を書くぞよ

鉄拳3

格ゲーはコントローラーにやさしくない

鉄拳3 PlayStation the Best

鉄拳3 PlayStation the Best

 

格ゲーは打撃→ガード→投げ→打撃の3すくみと打撃同士の相性からなるじゃんけんを後出しした方が勝つゲームと言えよう 3Dは特に技がリアルでキャラクターが画面を飛び回らないので余計そんなかんじ リアルと言っても軽いアッパーでふわっと浮いたりはするが

なんかアーバンチャンピオン

気楽にあそべるしやりこめば長く遊べそうではあるがそこまで面白いかというとやや微妙

なんか格ゲーの常としてパワーキャラは不遇だが特に鉄拳はその傾向が顕著な気が 

空手とか普通の打撃キャラにゲージ半分もってくお手軽コンボがある一方でパワーキャラなのに打撃はいまいちだし投げコマンドは異様にむつかしいし

ハイパーアーマー持ちでワンパンで吹っ飛ばしたりボディスラム一発でゴッソリもってくぐらいでもいいと思うのだが

JKに遅れをとるプロレスラーに猛烈な違和感

レーニングモードで相手をCPUにするとだんだんCPUが学習して超反応しだすので何ダメージまで与えられるか挑戦すると熱いと聞いたがうちのCPUはいつまでも起き上がり下段をスカり続けるので何かの間違いじゃないか

まあそれを抜きにしても好きな組み合わせで無限に戦えるのはやってみると案外よい

メタルギア

斬新なゲームシステムと最高のストーリー

メタルギアソリッド インテグラル PS one Books

メタルギアソリッド インテグラル PS one Books

 

というのが一般的な評価だと思うが落ち着いてゲームの部分だけみるとファミコン並のちゃっちさ ボス戦がとくに

敵の視覚と聴覚が鋭くないのはご愛嬌としても

本編はムービーやらホフクやら所々たるい PSG1とりにいったりカードキーを温めたり冷やしたり あと階段で戦うところ

いつ長いデモが始まるかわからんから中断もしにくい

あといくらストーリーがいいと言ってもゲームパートが合わない人はあのローポリムービーを見るなら普通に映画観たほうがいい

また俯瞰の視点が近すぎ レーダーしか見てないからあまり気にならないけどそれもどうなのか

本編が英語になってしまっているし目当てのVRはステルスというより覚えゲーだし

ステルスゲーなら天誅のほうが もっとも天誅は別な問題で好きでないのだが

あと目から鱗だったのが敵キャラのメタ発言

「セーブを怠っているようだが今ミスしたらコンティニューはできないぞ これまでの長い道程をやり直す気力はあるか」的なやつ

当時主流だったストーリーありきのゲーム全てにあてはまるがもう1周するほどは面白くないと自分で言ってることにならんかね

アーマードコア

ハイスピードメカアクションTPS

アーマードコア

アーマードコア

 

L1R1の平行移動により思い通りに自機を動かせることに感銘を受けた

しかし自機の旋回速度が遅いし上下の視点移動がむつかしいためなかなかロックサイトに敵を捉えられない 敵の位置はレーダーで追えるが高さはざっくりしかわからない 目視も自分が動いてたり撃たれて画面がまぶしかったりしてると無理に近い

肩武器が△で切り替えて◻︎というのが何とも使いにくい △で発射でもよかったのでは

あと回避むずすぎ 敵はしっかり避けてくるので腕の問題なのかもしれないが

そして実弾食らうとけっこう固まる やられっぱなしになって楽しくない

アセンブルはあんま魅力を感じない 部位毎にパーツを組み合わせてオリジナルロボをと言われれば誰しもがオオと思うであろうが実際はほぼカラサワ一択で回避はどうせできないから防御重視にしてればだいたいOK パーツの組み合わせ総数はすごい数になるが水増しもいいところで実際はそんなに何パターンも方向性の違う機体は作れない

ロックと回避がむずくてアセンをしくると詰むあたりアクションゲーとしていけてない

まあ実際それなりに楽しいは楽しいんだけど個人的にはドゥームがこのゲームの不満点を補って余りある出来なのだなあ

ドゥーム

かなり最高なFPSの名作

DOOM

DOOM

 

嘘のような移動速度と高さの概念やヘッドショットが無いあたりいい意味で大味ですごくスピード感がある 撃たれた方向がわかる主人公の顔とか武器持ってる手のドットとかもいいかんじ

地図見ながらでも移動できるのでとにかくスイスイマップを走り回れる

マップは3Dで敵とかアイテムとかはスプライトなのも逆によい プレステだとフルポリゴンはきつい キングスフィールドがショボショボのポリゴンで処理落ちしまくってるのに対しこっちは無理せず使い分けてるので大量に敵がわいてきて死体も消えずに残ってすごい光景になるというのに処理落ちもあんまりしない

粗めで枚数も少ないドットも全然気にならんしむしろ細かいところ雑な感じがアングラ感増してて雰囲気出てる 相当グロくしたそうな感じだけどチープな画質のおかげでまあなんとかギリギリセーフなかんじ 昔は平気だったがいい大人になってグロがダメになった いい大人になってもゲームはやめられないのだが

ストーリーも一応あるけどすごくどうでもいいのと設定の範疇なので全然ゲームの邪魔をしない

他のゲームをやってて感じたこうだったらいいのにな的な要素が色々実装されていて大変好ましい

平行移動があるとか高さの概念がなくてむしろ上下の視点移動のめんどくささがないとか これのおかげで物陰からちょっと飛び出して撃ってまた隠れるという動作が無理なくできる FPSPS2でもやったがどうも操作に無理があって特にヘッドショットの存在がゲーム性に水をさしていると思う

マップ開いたまま移動できるのもよい

旋回速度も早い この手のジャンルはドアンダーなのが多い中すばらしく早い ほんとにレースゲーのようなスピード感 あとパスワード制で評判落としてるようだけどメモカいらないから慣れればむしろ全然アリ

やや酔うのか1ステージ終えると疲労感すごいとかグロがややメンタルにくるとかはあるが あとPC版からの移植にあたりBGM差替えでなんか辛気くさくなったとかはあるっちゃある また比べて悪いけどキングスフィールドが難しいとされてるようだが全然その比でない難易度も基本的には嬉しいが時としてしんどい 前のステージから武器とか持ち越せるのでそんなに難しくないけど手ごたえを求めて初期装備クリアを目指すと途端にきつい とはいえそれもトゥームレイダーみたく初見殺しの即死とかはなくて納得いく範囲ではある 途中セーブはないし 中断のためのセーブは助かるけど保険のためのセーブはなんかおかしいのでズルなしでクリアできるならバランスがちゃんとしてるということだね

まあ1面30分前後かかる時もあるのがファミコン世代には長いのとジャンル的に縦シューがぶっちぎりで好きなので雷電ほどは遊んでないのだが

けっこうなステージ数で難易度選択もできてボリューミー ステージクリアの時に撃破率やら何やら表示されるがクリアタイムとかスコアもあればさらによかったのだが そういえば天誅はあるな

結局やってることはロードランナーギャラクシアン いいのでは

ディノクライシス2

バイオハザードの流れをくむ恐竜ゲー

DINO CRISIS2

DINO CRISIS2

 

ラジコン操作は相変わらずだがダッシュがデフォで振り向きや横と後ろにステップできる上に走り撃ちできたりナイフが△で出せたりするのでかなりキビキビ動かせるステップでラプトルとかかわせるのでアクション性がある見た目に反してアクションしてないゲームもけっこうあるなかでポイント高いトゥームレイダーとかアーマードコアとか回避できないし

恐竜を倒すと得点が入るノーダメでまとまった数の敵を倒したり間隔を空けずに倒したりでボーナスももらえるノーダメボーナスは10匹で頭うちかなレアな個体がいるというが拝んだことがないのでもしかするともっと上もあるのかな

そんでかせいだスコアを消費して原理が不明なショップで買い物

超展開のシナリオも相まって嫌がる人もいるようだが直接ゲームに支障はないので全然OK

むしろおきらくそういえばリロードもなく撃ちまくり

グロもひかえめ

クリア後の特典としてハードモードとミニゲーム2つ?が解禁されるがあまり遊んだことはない多少気になるのが恐竜同士で対戦するかなり大味な格ゲーでフロムのシャドウタワーでも似たようなのがあったハマる人はハマるらしい

ただしミニゲームで使うキャラはロックされており解禁するのに本編で稼いだスコアが必要

本編では普通にやっても余って物足りないぐらいだがこれのために周回する気になるかどうか

解禁されたハードモードで2周目だがむずくてなかなか進まないでいる


以下整理しきれてないメモ


やりこむようなゲームではないがそういうのは他に遊びきれないほどある


かなりまともに遊べる恐竜ゲーアングルが独特で気分転換によい


へたにRPGに手を出すよりいいのでだらだら枠で


雷電2はまあそこまででもないけどドゥームもトニホもあんまり楽しくない気分の時にディノ2をやったらよかった

キャプったらラプトルをステップで見切る様子が撮れたでもかっちょいいだけだしきりのいいところがないのでもうやらないと思う

トゥームレイダー2

ネットでの評価は軒並み好評なのに遊んでみるとどうにもしんどい

プリンスオブペルシャが3D版になったかんじでアクションは多彩かもしれないがそしたらアクション性も高いかというとそれはまた別の話

 

トゥームレイダー2 PlayStation the Best

トゥームレイダー2 PlayStation the Best

 

 

バイオ的ラジコン操作はまあ慣れればある程度なんとかなるもランニングとかジャンプがなかなかのスピード感な割にそれ以外がメチャンコのろい そして敵が出てくるとやっぱりこの操作方法は問題あると言わざるを得ない 銃持ってる敵が出会い頭にバキュバキュ撃ってくるが回避ができない この時点でアクションゲーとして終わってる なので捨て身でダダダと距離をつめて振り向きジャンプで飛び越して後ろから攻撃するのが何発か確実に食らうけど一番安全 銃撃戦とは思えない戦い方である

探険が楽しいかといえばやはりあまりそんなこともなく粗いポリゴンの図形図形した謎空間をよじ登ったりすべり落ちたりしても面白くもなんともない しかものろいし

本当にのろい 歩くのもよじのぼりもはしごの登り降りもブロック押したり引いたりもほとんど全部のろい めんどくさくなって雑に操作すると落ちて死ぬから大体のところで崖の淵まで歩いてからバクステして助走ジャンプしてぶら下がって~ということの繰り返し この動作がもう決まりきってて全然アクションじゃない なんというか要所要所の切り抜け方がカッチリきまってる ドンキーコングジュニアみたい それでいてたまに抜け道があるらしいのを見つけたファンが自由度とか言って持ち上げてる印象

たまに開けたところに出てでかい建造物が見えるとおおっと思う事はあるが 全体で見れば一瞬のこと その一瞬のために他で費やす時間がもったいない

そして急に転がってくる岩やら何やらの即死トラップの数々 即死はともかく基本的に全て初見殺しなのでノーセーブは苦行 1が特定のポイントでセーブする方式でしんどかったが2はどこでもセーブできるかわりに即死がますます容赦なくなった 少し進んではセーブしないといけなくてテンポ激わる リトライもマリオみたくすぐできればいいけど長いロードが入る

動画を撮ってタイムアタックなどしてみても長い割に見応えがない

高いところの表現がたまらんとか言われててまあそれは確かにそうかなというぐらい

こうして整理してみるとダメダメだったのでボカァもうやらない

微妙にジャンル違うけどドゥームとかディノクライシス2とかが面白いからそっちでいいや あとはやはり至高のトニーホーク

FF8

GFをジャンクションして敵からドローした魔法をステータスに装備する

ファイナルファンタジー?

ファイナルファンタジー?

 

わけのわからんシステムに相当とまどうがそこを乗り越えればけっこうおもしろい

あとスクエアのRPGは戦闘中に余計な行動をするのが普通で緊張感がないというかとにかく好きでないのだがその点今回のアビリティのぶんどるはたたかうにぬすむが付加される仕様で好ましかった まあそのかわりというか結局ドローが微妙なのだが ドローも同じようにアビリティつけて殴りながら吸収すればよかったのでは

ちと許せんのはメンバーチェンジが頻繁でそのたびに設定しなおすのが超めんどい ひどい時には1エンカウントあるかないかでメンバーチェンジする GFから何からをまるまる乗せかえるコマンドはあってもよかった 知らないだけであるのかなと思うぐらい不便

またRPGあるあるだけど時期を逃すと取り返しのつかない要素として力+1とかは知ってたら優先して覚えたのにという 存在を知る頃には10数時間は経っており完璧に攻略するつもりでなくてもああもう無理だと思うとやり直すのも面倒だしな~面倒と思うぐらいじゃ面白くないんでないかな あと2~30時間この調子ならその分だけ違うことやった方が…とかなってきてそのまま積みゲーと化すのである

ストーリーは賛否らしいけどこのイミフなシステムに順応できるなら問題ない 現実とのギャップが埋めきれないのか仲間が死んだかもという時に主人公が非難されてるシーンが全然理解できなかった まあストーリーは重視しないのでいいのだが

ただそうなると所謂JRPGの要素の半分以上を切り捨ててることになりいっそやめたらという事になりそうな気もしなくもないけど

カードゲームも何か別ゲーすぎるのに重要なのでだんだん面倒になる

そんなわけで結局途中で投げている